国語や英語の長文問題ではよく「次の文を読んで、問題を答えなさい。」とあります。
でもそこで、ちょっと反抗してみます。

問題文(長文)を読む前に、問題(質問)から読んでみましょう
まずはこれから挑戦する問題の全体を把握をすることが、テストを上手く乗り切るコツです。

問題文(長文)を読む前に、先に問題(質問)を読むことで、次のような効果があります。

@問題の全体が把握できる。

当然のことなのですが、問題(質問)にはその問題文(長文)に関することが書いてあります。
先に問題(質問)を読むことで、問題文(長文)を読まなくても、
その問題文(長文)には何に関することが書いてあるのかを知ることができます。

特に英語では、問題に登場人物などが書いてある場合が多く、
どんな人が出て何をしたのか、といった、
問題文(長文)のキーワードとなることが書いてあることが多いのです。
それを先に読んで知っておくことで、問題文(長文)の内容を理解しやすくなり、
問題(質問)を解きやすくなります。

A効率良く解ける。

問題(質問)を先に読むことで、
問題文(長文)を読む→問題(質問)を読む→問題文(長文)を読んで問題(質問)に答える
と言う作業が
問題(質問)を読む→問題文を読みながら考える、と言う作業に短縮され、
効率良く問題を解けるようになります。

             
B問題(質問)を解きながら問題文(長文)を読むことができる。

問題(質問)を先に読み理解しておくことによって、
問題(質問)を考えながら問題文(長文)を読むことができます。
つまり、問題(質問)を解きながら問題文(質問)を読むことができるようになるのです。
すると、問題文(長文)を読んでいる途中で、問題(質問)が解けることがあります。
このように、問題(質問)が解けてしまえば、解答用紙に答えを書いて次に進む!
ということまでできてしまったりするのです。

ただし、先に問題(質問)を読むときは、
何を質問されているのかを、大まかに読む程度にしておきましょう。
問題(質問)だけで無理に内容を理解しようとすると、
かえって時間を無駄にしてしまうことがあります。

限られた時間内に、いかに落ち着いて自分の力を発揮できるかが、
テストを上手く乗り切るコツとなってきます。

問題のやり方によって、それは大きく変わってきます。
もし、国語や英語の長文問題が苦手な方や、
テストで時間切れになって悔しい思いをしたことがある方は、
この方法を試してみてはどうでしょうか?


勉強のコツへ

最終更新日