夕暮れ時に西の空を見ると、真っ赤に染まった空と夕日がとてもきれいな時があります。

昼の空は青いのに、夕方の夕焼けはなぜ赤いの?
と思ったことはありませんか?

空が赤く染まるのは、夕方だけではありません。
朝方、日の出の時も空は赤く染まります。
朝焼けや夕焼けで、空が赤く見えるのは、全く同じ現象によります。

ここでは、その現象について解説していきます。



朝焼けや夕焼けで、空が赤く見えるのは、簡単に言うと、
太陽の光が私たちの目に届くまで、昼より朝方や夕方の方が長く時間がかかり、
その間に青い光は散乱されて弱まるため、赤い光しか目に届かないからなのです。


と言っても、簡単にはイメージがつかめないと思いますので、もう少し詳しく考えてみましょう。



朝方や夕方と昼では、人間から見た太陽の位置は、地球の自転によって異なります。
この状態を図にすると、下のようになります。














この図を見ると、
太陽の光が地球の大気を進む距離は、昼より朝方や夕方の方が長くなる
ということがわかると思います。

太陽の光が大気を進む距離が長いというのが、
朝焼けや夕焼けが赤く見えるポイントです。


太陽の光は、地球の大気を進むにつれて、
大気中の分子やほこりなどに吸収されたり散乱されたりして、徐々に弱められます。



海の青と空の青でも説明したように、
波長の短い青や紫の光は、赤い光よりも空気中のものに当たりやすく、
散乱されて弱められやすいのです。

そのため、朝方や夕方に、光が大気を長い距離進む場合では、
青い光は大気を進む間に大きく弱められてしまいます。
このため、朝方や夕方は、人間の目には赤い光しか届かないので、
朝焼けや夕焼けは赤く見えることになるのです。


そして、夕方の赤い太陽光に照らされた空は赤くなり、
夕焼けとなって、西の空は赤く染められることになるのです。



昼間は、散乱された青い光が空いっぱいに拡がるため、空は青く見えます。
夕方は、赤い光しか届かないため、空は赤く見えます。
空はいろいろな表情を見せてくれるので、面白いですね。 
このような、きれいで面白い現象を見せてくれる空を、いつまでも大切にしたいものです。


理科室へ

最終更新日