ここでは、地球温暖化で問題視されることもある
「温室効果」という現象について解説していこうと思います。

まずは下の図をご覧ください。
温室効果の簡単な図を描いてみました。


















太陽の光があたると、
太陽の熱エネルギーをもらって、地球の表面があたためられます。
そうして
あたためられた地球の表面は、時間が経つと、その熱を放出していきます。
熱い料理がだんだん冷めていくのをイメージしてもらうとわかりやすいでしょうか?

放出された熱は、一部はそのまま宇宙に放出されるのですが、
一部は大気(=空気)中にある、二酸化炭素などの温室効果ガスに吸収されて、
再び放出され、また地球の表面をあたためることになるのです。


これが、温室効果という現象の簡単な仕組みです。
このように、大気に温室のビニールやガラスと同じような効果があるので、
この現象は、温室効果と呼ばれています。


ちなみに、温室は英語で 「greenhouse」(グリーンハウス)といって、
温室効果は英語で「greenhouse effect」というんです。(effectは効果という意味)
確かに、温室は「緑の家」というイメージにピッタリです。




もしこの温室効果がなかったら?
あたためられた地球表面の熱は、全て宇宙に放出されてしまい、
地球がとても寒くなってしまいます。


どれくらい寒くなるか?というと、なんと−18℃!
生物が生きていける温度ではなくなってしまうのです。
つまり温室効果は、
地球をあたためてくれる毛布みたいな役割をしてくれているんです。

だから、温室効果は決して悪い現象ではなく、
地球にとって大切な役割を持つ現象なんです。
もし温室効果がなかったら、地球はこのような、緑豊かで、
生物が繁栄する星にはなっていなかったのです。


じゃあなぜ、問題視されているのか?
というと、
温室効果ガスのバランスがくずれてきているから
なんです。
空気中の二酸化炭素量が増え、今までよりも地球の温度が上がっている。
つまり、
温室効果が働きすぎるような状態になっているからなんです。



最後に、この温室効果をもたらす、
温室効果ガスをご紹介します。
温室効果ガスの一部を下の図に示してみました。











温室効果ガスとして有名なのは、
二酸化炭素です。
有名なだけに、
温室効果をもたらす効果も一番なんです。

他にも、
メタン一酸化二窒素フロンオゾン
それから空気中の
水蒸気なんかも、温室効果をもたらす仲間なんです。



温室効果は、地球温暖化で問題視されているため、
悪い現象だという印象が強かったかもしれませんが、
決して悪い現象ではなく、地球を毛布でくるんでくれて、
生物が生きていける温度に保ってくれる大切な現象なんです。

ただ、森林伐採や大気中への二酸化炭素の排出量が多くなり、
空気中の温室効果ガスのバランスがくずれてきてしまったために、
必要以上の温室効果が生じてしまい、地球温暖化が進んでしまっているのです。

こうして考えてみると、地球の空気って今まで
生物が繁栄できる温度を保つちょうど良いバランスだったっていうことなんですね。

地球はやっぱりすごいんだなあと感じます。
それを私たち人間が壊してしまうのは、なんとか回避したいですね。


理科室へ

最終更新日