人間が最も集中して何かを行える時間は決まっているとよく言われます。
個人的には、同じ教科の勉強を集中して行うことができる時間は、
60〜90分
くらいだと思います。

もちろんこれには個人差があり、時間は人によってまちまちです。
長く集中できる人もいますし、それほど長く集中できない人もいます。
好きだったり得意な教科は長い時間集中できても、
苦手な教科は集中しにくいこともあると思います。

勉強はだらだらやるのではなく、集中できる間にしっかり集中してやりましょう。
そして「なんか集中できない」と感じたら、少しだけ、10〜15分くらい休憩をして、
他の教科に切り替えてみるのもおすすめです。

教科を替えると気分も変わり、また集中することができるようになります。
特に、数学や理科などの理系科目の後には、ガラッと気分を変えて、
国語、英語、社会といった文系科目の勉強をやるのがおすすめです。
もちろんその反対、文系科目の後で理系科目をやるのも良いです。

一例として、私の学生時代の、テスト勉強や受験勉強の時の勉強スケジュールを紹介します。
このような感じで「この時間はこの科目を集中してやる!」ことを意識してやっていました。




この勉強方法のポイント
を紹介します。

●短時間集中
「集中力が欠けてボーッとしてしまう」 といったような時間の無駄が少なくなり、
効率的に勉強を進めることができます。

●勉強科目に偏りをなくす
「数学ばかり勉強していたら、国語や社会を勉強をする時間がなくなっちゃった」
という声をよく聞きます。
そんな風になってしまっては、国語や社会は、どこがポイントかも絞れないまま、
焦って勉強しなければいけなくなります。
これでは、テストで良い結果を期待することはちょっと難しいと思います。

そうならないためにも、すべての教科をバランス良く勉強して行きたいものです。
「テスト勉強!その前に!」のページで紹介しているように、
まずテスト範囲はどのくらいなのかを知り、どのくらいのペースで勉強を行えば、
テストまでにテスト範囲の勉強を終えられるかを確認し、
ポイントを絞って計画的に勉強をしていくのが良いと思います。

●前日の復習をする
人間の記憶は、一回で覚えられるコンピュータとは違って、
何度も同じことを見たり、聞いたり、勉強したりすることで定着します。
前日に勉強したことでも、次の日になったらその内のいくつかは忘れてしまいます。
次の日に、前日勉強したことを復習し忘れてしまったことを思い出すことで、
しっかりと身につけることができます。
一晩ぐっすり眠って、疲れがとれて頭がスッキリしたところで前日の復習をすると、
しっかり身につくことが多いです。

勉強は無理して一夜漬けでやっても、成果が出ることはほとんどありません。
無理をせず、こつこつと全教科偏りなく勉強していくのがおすすめです。


この勉強方法は、あくまで数ある勉強方法の中の一つであって、
この勉強方法が「絶対!」ということではありません。


自分には自分に合った勉強方法が必ずあります。
この勉強方法を参考にしていただいて、自分なりの勉強方法を見つけていただければと思います。
いろいろと試してみて、自分にあった勉強方法を確立してください。

 勉強のコツへ

最終更新日