滑走路をビューンと走り抜けて大空に舞い上がっていく飛行機

飛行機のおかげで、今では世界中どこにでも行くことができます。
でも、この飛行機、
「なぜあんな大きなものが飛ぶんだろう?」と思ったことはないですか?

ということで、飛行機が飛ぶ理由について解説します。



飛行機が飛ぶ理由には、
飛行機の翼に仕掛けがあるのです。

下の図をご覧ください。
飛行機の翼とその周りの空気の流れを描いてみました。
飛行機の翼は、上が丸く膨らんでいて、下は平らに設計されているのです。
この造りが飛行機を大空に舞い上がらせるポイントなんです。
















飛行機が滑走路を疾走すると、翼に空気があたります。
翼に当たった空気は、翼の上下に分かれることになります。
翼の上に進んだ空気は、翼の下よりも進む距離が長いので、
翼の下の空気よりもはやく進むことになるのです。

そうすると、
翼の上は翼の下よりも、空気がうすい状態になるのです。

このような状態になると、翼の下の空気は、
この空気のうすい所を補おうと、上に上がろうとします。
そうすると、翼の下の空気は翼を押し上げます。
これによって、上向きに浮き上がる力(揚力)が発生するのです。


この揚力という力は、飛行機が速ければ速いほど大きくなっていきます。
ですから、飛行機は滑走路でぐんぐん加速すると、
翼に発生する揚力がどんどん大きくなります。
どんどん加速して行き、揚力が飛行機の重量を超えるまで大きくなると、
飛行機は大空へ舞い上がっていく
というわけです。



ジャンボ機の場合、滑走路で時速300キロメートルほどになると、
飛行機を持ち上げられるくらい、揚力が大きくなるそうです。
ジャンボ機の重さは、燃料や乗客、貨物などを合わせると、
なんと約400トンもあるそうです。
ということは、飛行機が離陸するときには、翼に発生している揚力は、
400トン以上の力が発生しているということなんですね。

このような飛行機を飛ばせるほどの大きな力を生み出すのも、
空気があるからなんですね。
つまり、
空を飛べるのは空気のおかげということなんですね。

目に見えない空気がこんな大きな力を生み出すなんて、面白いですね。


理科室へ

最終更新日